マガジンのカバー画像

南伊豆ではたらく

11
地域の事業者さん、ワーケーションやテレワークで働く人、南伊豆でお仕事をされている皆さんに関する記事をまとめました
運営しているクリエイター

2022年2月の記事一覧

【お知らせ】新しいマガジン「南伊豆ではたらく」を追加しました。

お久しぶりです皆さま、お久しぶりです。久々の記事更新となります。今年の2月にアカウントを開設し、3か月ほどが経ちました。 これまでは、移住者インタビューを中心にして細々と更新をしてきましたが、他の自治体と比較すると更新頻度が少なく、当初イメージしていたような「町内の人たちを巻き込んでnoteを作っていく」という到達点まではまだまだ遠いように感じています。 手探りの状況ですが、情報発信は今後も続けていきますので、気が向いた時に覗いてもらえると嬉しいです。 本題ですさて、今

スキ
10

静岡県南伊豆町。小さな町で地方創生にチャレンジする意味。

BLUELaIZU株式会社を南伊豆に誕生させた思い。「南伊豆は宝の山だと思う。宝物にする仕方が分からないだけ。」 2018年にBLUELaIZU株式会社長田芳郎代表取締役社長のインタビューでの言葉。 この言葉こそ、この地域が活性化するために必要な視点だと思います。 長田社長はここ南伊豆町で90年以上続く長田建設工業株式会社の代表取締役社長です。長田建設工業が掲げるビジョンは「地域社会に貢献し、地域に愛される企業」。 「Challenge to change」変化への挑戦..

スキ
5