サルの楽園!波勝崎モンキーベイに行ってきました
見出し画像

サルの楽園!波勝崎モンキーベイに行ってきました

こんにちは!南伊豆町商工観光課 杉浦です。

皆さま、大型連休はどのように過ごされたでしょうか。私は地元の友達の誰からも連絡をもらうこともなく、ひたすら南伊豆町内にいました(笑)
友達全員が『私が長距離移動する必要のないように気を遣ってくれた』と前向きに捉えていますが、早く「南伊豆町に遊びにおいでよ!!」と気軽に誘えるような世の中になってほしいですね。

とはいえ、なるべく有意義な大型連休にすべく、町内で楽しみを見つけることにした結果、波勝崎モンキーベイにお邪魔することにしました!

波勝崎モンキーベイ 公式ホームページ

東日本最大級の「サルの楽園」!

波勝崎モンキーベイは、野生のニホンザル約300匹が暮らす東日本最大級の生息地「波勝崎」にできた施設です。

画像1

すると、なんと到着早々サルの方から急接近してくるという大サービスです。私のカバンのストラップが気になったようでした。
忘れてはならないのは、ここは「サルの楽園」。私たち人間は、お邪魔させてもらっている身分なのです。
特に貴重品はしっかりカバンの中にしまっておきましょう。油断するとサルに取られてしまいます!

そしてこの時期のお楽しみといえば、赤ちゃんサルです。今年は4月16日(金)に今年1匹目の赤ちゃんサルを確認し、その後、たくさんの赤ちゃんが誕生したようで広場にたどり着くと可愛らしい親子の姿が見られました。

画像2

お母さんサルも子育てに必死です。無理に覗いたり近づいたりしないようにしましょう。
また、青空と海の絶景も素晴らしく、一部のサルたちは海岸も遊び場にしている様子でした。

エサやり体験もできます!

画像4

波勝崎モンキーベイで楽しいイベントはエサやり体験です。
おせんべいのようなエサをトングで掴むと、サルたちが元気に駆け寄ってきました。
どうしても子どものサルに優先してエサをあげたくなりますが、なかなかこれが難しく大人のサルに容赦なく横取りされてしまいます。サル社会も厳しそうです!(笑)
フェンス越しに見ていると、自分が動物園でサルに見られているような不思議な感覚になります。こちらも是非体験してほしいです!!

ファンの思いが繋いだバトン「波勝崎モンキーベイ誕生プロジェクト」

波勝崎モンキーベイは、過去には「波勝崎苑」として開苑していましたが、昨年5月にリニューアルオープンしました。
リニューアルとサルたちのエサにかかる費用を募集したクラウドファンディングでは、人気アニメ「けものフレンズ」ともコラボし、それをきっかけにニホンザルのフレンズが登場しました。また、声優ユニットである「ちく☆たむ」もプロジェクトの応援歌を歌ったり、南伊豆町役場で行われたプレスリリースに登場したりしました。
返礼品である限定グッズには書き下ろしイラストが配置され、無事に私もゲットしました。私としては歴史に残る出来事です!!!

画像4

寄附は無事に目標額の121%である12,156,000円が集まり、プロジェクトは成功しました!

ニホンザル300匹を救え!南伊豆 波勝崎モンキーベイ誕生プロジェクト!
(※プロジェクトは終了しています。)

また、波勝崎モンキーベイの入場券はふるさと寄附の返礼品としても登場しています。
波勝崎モンキーベイ ペア入場券 動物園(南伊豆町ふるさとチョイス)

是非、波勝崎モンキーベイに遊びにきてください!

南伊豆町ふるさと寄附広報室(Facebookページ)も是非チェックしてください!

画像5


スキありがとう!また見てね!
光と水と緑に輝くまち静岡県南伊豆町の公式noteです