南伊豆で暮らしてみませんか?

14
固定された記事
「定年を機に南伊豆町で田舎暮らし」移住者インタビュー #1 阿部正己さん

「定年を機に南伊豆町で田舎暮らし」移住者インタビュー #1 阿部正己さん

はじめに 今回から南伊豆町に移住をされた移住者へのインタビュー記事を掲載します。 第一回目にご紹介するのは神奈川県横浜市から南伊豆町へ移住、NPO法人伊豆未来塾でも活動されている阿部正己さんです。南伊豆に移住をして5年、本町の移住関係の冊子には必ずといっていいほど登場してくださる阿部さん。移住に関心を持っている方の参考になればということで、今回もインタビューを快諾していただきました。 移住をするまで Q:はじめに南伊豆町への移住の経緯について教えてください。 阿部さ

スキ
13
「足りている」感覚は鈍くなっていないか?〜南伊豆くらし図鑑体験レポ〜

「足りている」感覚は鈍くなっていないか?〜南伊豆くらし図鑑体験レポ〜

こんにちは!ローカル×ローカル インターン2期生のカレンです。 まだまだ「書く」ことに不慣れですが、2つめのnoteは南伊豆くらし図鑑の体験レポです。 南伊豆くらし図鑑とは、1組限定でその人の日常におじゃまさせてもらう暮らし体験プログラム。 今回、おじゃましたのは、電気も水も、火も食べ物も自給自足で生活する、よっしーこと吉澤裕紀さんのくらし。 約束の時間になると、わたしが住み込みインターンをしているゲストハウス「ローカル×ローカル」によっしーさんが迎えに来てくれました

スキ
7
森さんの農園がある、南伊豆がすき。
+5

森さんの農園がある、南伊豆がすき。

うだるような暑さが続いたかと思うと、傘が意味を成さないほどの連日の大雨。そんな中、奇跡的に雨が降らず、少し涼しいくらいの日に、ひさしぶりに”森さんの農園”へ伺いました。 二度目の訪問農園へ足を運ぶのは、今回で二度目。 一度目は、初めて「ローカル×ローカル」に滞在したときです。宿泊と合わせて「南伊豆くらし図鑑」を申し込みました。数あるプログラムの中から選んだのは「農園を開拓し、採れたて野菜で料理を作る」。 ▼南伊豆くらし図鑑 https://minamiizu.fun/

スキ
12
一田入魂!!米は炊くまでが米農家だ!!〜愛で溢れる米農家さんと過ごす日常 in 南伊豆くらし図鑑〜

一田入魂!!米は炊くまでが米農家だ!!〜愛で溢れる米農家さんと過ごす日常 in 南伊豆くらし図鑑〜

誰かの人生にお邪魔する おらは今、南伊豆の「ローカル×ローカル」というゲストハウスでインターンをしている。 そこでは、1対1で暮らしを体験するプログラムを実施している。現在、漁師さんだったり、住職さんだったり、25種類もの、暮らしを体験できる。 おらは先日、米農家の中村大軌(なかむらだいき)さんの暮らしにお邪魔してきました。 なぜ、米農家? おらの実家は兼業農家だ。ゆくゆくは継ぎたいと思っている。それで、いろんな農家さんを見てみたいなと。 写真は、初めましての2人です

スキ
25
「田舎過ぎてびっくり!でもそれが好き」20代女子の南伊豆移住体験記

「田舎過ぎてびっくり!でもそれが好き」20代女子の南伊豆移住体験記

こんにちは!南伊豆町商工観光課 杉浦です。 この間の就活体験記にはたくさんのリアクションをいただき、ありがとうございました。就活生の皆さんにはあんまり参考にならなくてすみません(苦笑)。 今回は、私の南伊豆町の暮らしにフォーカスした内容でお届けしたいと思います。 1.住まいについて採用試験の面接を終えてすぐに私は物件の見学に行きました。いくつか候補を見つけたものの、最終的に決定したアパートは家賃や共益費など色々含めて結局月6万円弱のところでした。「ワンルームでも構わない

スキ
25
伊豆の味「心太」を素材から楽しむ暮らし

伊豆の味「心太」を素材から楽しむ暮らし

例年より早めに梅雨入りした南伊豆 この時期に旬を迎える食材の一つ「天草」をご紹介します。 海の中の天草を見たことありますか? この赤い海藻が天草です 潮が引いた海岸を歩きながら採ることができます 月の満ち欠けに合わせて潮が変わる海では 一年を通じて様々な旬の恵みに出会えます また、これらの資源は漁業権というルールに基づいて管理されています 密漁や乱獲による資源の枯渇が全国で問題になっています 限られた資源を皆で守る事が未来に繋がる大切な行動です 採れた天草を真水に浸

スキ
4
南伊豆の春を過ごしてみて改めて感じることは「めちゃくちゃ贅沢だということ」
+13

南伊豆の春を過ごしてみて改めて感じることは「めちゃくちゃ贅沢だということ」

2021年が始まって早3ヶ月目。 お正月から過ごしてきたこれまでの記憶と記録を振り返ってみたらめちゃくちゃ贅沢な時間を過ごしてきたんだなぁと実感したのでここに書き記しておきます。 家族でついたお餅でお正月を迎える 年末恒例の親戚家族一同との餅つき。 最近では田舎でもあまりみない光景です。 親子3世代×3家族の大所帯。 みんなで声を出してやるお餅つき。 スーパーやコンビニでも簡単に買えるお餅ですが、みんなで力を合わせてつくったお餅は素敵な思い出もつくってくれました。 早咲

スキ
6
私の「日常」が誰かの「非日常感→何かの気づき」になれば嬉しいと思って

私の「日常」が誰かの「非日常感→何かの気づき」になれば嬉しいと思って

はじめまして。 私は静岡県伊豆半島の最南端「南伊豆町(みなみいずちょう)」で暮らしています。 このnoteでは田舎で暮らす日常に興味を持ってもらうこと、 そして、見てくださった方の日常と比べた非日常感を感じることで、何かの気付きになってくれたら嬉しいと思っています。 今回初めてのnote投稿では私の日常を少しご紹介します! 日本の渚百選「弓ヶ浜」。青い空と青い海が素晴らしい。夏は海水浴を楽しむ多くの観光客で賑わいます。 ここ弓ヶ浜にはウミガメも産卵に訪れるなど、南伊豆

スキ
5
南伊豆の住み心地どうですか? 「東京都杉並区から南伊豆へ」

南伊豆の住み心地どうですか? 「東京都杉並区から南伊豆へ」

皆さまこんにちは。note運用担当、企画課地方創生室の佐藤です。 先日町の自己紹介記事を作った後、「次はどういう記事を作ろう、さっそくネタがなくなってしまった・・」と頭を抱えていたのですが、よくよく考えると私自身が南伊豆町に来て間もなく1年になる広義の移住者であることに気が付きました。 南伊豆町に1年間住んでみて、移住者の一人として何か伝えられることがあるのではないかと思い、今キーボードを叩いています。灯台下暗しとはこのことですね。 はじめに 申し遅れましたが、わたし

スキ
28